読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芯まで腐らないために

田舎大学生がダラダラ更新します。5分程度で読める記事をあなたに。

SS

必死の思いで提出日当日の夜中に実習レポートを完成させその日のうちにまた新たな実習を受け実習レポートを課されることと、囚人に穴を掘らせ看守がそれを埋め穴を掘ることを強要しそれを繰り返すことで囚人の精神を狂わせるナチスの拷問は似ている。

 

 

 

馬鹿にばかにされても相手はバカだから話が通じないし逃げようとも莫迦ヘレン・ケラーよろしく脳が退化している代わりに他の器官が発達しているのでその嗅覚や聴覚を用い四足歩行でこの命尽きるまでどこまでも追いかけてくるからタチが悪いしなにより案山子が効かない。

 

 

 

ぼくはこれからも日本で生きていくのだから日本語を勉強しようと思い立って数年そろそろ短編小説の1作や2作こしらえられる程度には日本語をモノにしたかなと親に向かって意気揚々と言葉自慢。暫し口を閉じ傾聴していた親がぽつりと一言「日本語の勉強をしている外国人みたいだ」。

ううむ、怒髪天を衝く。

 

 

 

女にモテないのではない、女と関わっていないだけなのだ。

あと顔がブサイクすぎ。

 

 

 

今は『新世界より』を読んでいます。

 

いうえ